警報発令時の授業について

塾生の安全を考え警報が発令されました場合、以下のようにいたします。

1.警報発表時の対応

(1)授業日17:30の段階で,暴風警報」が発令されていた場合は、授業を休講とします。また、「大雪警報」「暴風警報」「暴風雪警報」「大雨特別警報」「大雪特別警報」「暴風特別警報」「暴風雪特別警報」のいずれかが発表されている場合も同様とします。この場合、後日補講授業を行います。

暴風警報以外の警報のみにとどまった場合は、授業に参加するかどうかについては、ご家庭の判断に委ねることとすることとしますので、お休みする場合はご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

(2)自宅を出ている場合においても,通塾途中で上記(1)の警報の発表に気付いた場合は,安全に注意して帰宅する。ただし,帰宅が困難な場合は通塾するか,駅など安全な場所に避難し,塾と保護者に連絡してください。

      2.警報解除時及び継続時の対応

(1)上記1(1)の警報が,19時30分までに解除された場合
   ① 保護者による安全確認の後,来塾する。
   ② 保護者による安全確認ができず来塾が困難な場合は,自宅待機とし,その旨を塾に連絡する。
     ※この場合、授業進度は進めず、復習分野の取り組みとします。

(2)上記1(1)の警報が,19時30分に継続して発表されている場合は,臨時休校とします。
     ※臨時休校とした場合の代替授業については,後日連絡をします。

                  3.注意事項

(1)広島市以外(廿日市市)に居住の生徒は,自宅の所在する市町に上記1(1)の警報が発表されている場合は,1と2に準じた対応をとる。

(2)来塾後に上記1(1)の警報が発表された場合は,気象状況,交通機関の状況をみながら,安全確保のため下校時刻を早めたり,遅らせたりすることがあります。

(3)警報の発表がなくても,悪天候の影響で通常使用している公共交通機関が運休しており、通塾が困難な場合は,自宅待機とします。この場合後日補講授業を行います。

 

天災である台風や地震などを事由とする場合は原則として振替授業は行いません。休講によって学習進度に遅れを生じるなど特別な事由がある場合のみ、先生の判断で補習授業を行うことがあります。

 

また、暴風警報以外により天候不良による休講の場合は、ホームページにて案内をだしますので、ご確認ください。