小学生コース

小学生クラス、学びの5つのポイント

芦部塾小学生クラスの授業は、先生と生徒たちが自由に発言し合う少人数・対話型の授業です。そこでは生徒たちの「なぜ?どうして?」を大切に、考える力を育てます。

生徒一人ひとりの好奇心を引き出すことで、本当に理解することの大切さ・学ぶことの楽しさが育ちます。

国語と算数は、これから出会うすべての学びと深く関わっています。国語と算数によって養われるべき読み・書き・理解の能力と論理的に考える力は、理科や社会はもちろん、今後出会う新しい科目や難しい問題に取り組む際の力強いベースとなります。また、学習の基本となるのは学校の教科書です。教科書を中心に予習することによって、学校の授業がよく分かり、積極的に参加するようになります。学校授業での発表も多くなり、より勉強を楽しいと感じるようになります。

算数は思考力を育てる最高の科目です。芦部塾の算数の授業では、「なぜそう考えるのか」を、生徒たちが自由に話し合い、考えていくことによって課題解決の道筋を理解するようになります。算数を好きになった子は、ものごとを論理的に考え、解決する力を身に付けることができます。学び合いの学習は、その基礎を築くものです。視覚的、聴覚的な面からとらえるような学習も行なっていきます。

国語は、本読み、話し合い、作文、読解の3つの大きなテーマの元に授業を進めます。これにより、読み取る力・言葉による表現力・文章による表現力を図ります。芦部塾では、感情豊かに本を読む指導、自分の意思を相手に伝え相手の話を聞き取る練習、自分の考えを上手に表現し書いてみるという指導を実践的に行なっていきます。

芦部塾では、問題集などは単元の仕上げに使うのみです。なぜなら、基礎力が定着しない時期に問題を解かせても、子どもたちの勉強嫌いを助長させるだけだからです。

基礎力の定着により、中学校、高校への進学の基礎となる思考力、読解力を養っていきます。

先取り英語

小学生から学習している英語学習。もちろん英検対策や英語の先取り学習もどんどん進めていきます。

大学受験生まで指導できる芦部塾の英語学習を小学生からはじめていきます。